おまとめローン 一覧

金利によっては返済総額が多くなることも

おまとめローンを利用する理由の1つに、返済総額を減らすためというものがあります。 ですが、借入金をすべて一本化したからと言って必ずしも返済総額が減るわけではありません。金利によっては返済総額が多くなってしまうこともあります。

金融機関や、その金融商品によってそれぞれ金利が異なります。金利が高い商品であればおまとめローンをすることで多少なりとも返済金額を減らすことができます。 ですが、金利が低いローンまで一本化してしまうと、返済総額が多くなってしまうこともあります。

たとえば、18.0%のカードローンを50万円(毎月1万5,000円×2引き落とし)が2本、5.0%の残金100万円(毎月30,000円引き落とし)のローンが1本あった場合、 毎月の返済金額は60,000円で総返済総額利息を含めると248万円くらいになります。

もし毎月の返済額が同じく60,000円で、14.0%のおまとめローンに一本化すると、総支払額は実は高くなってしまうのです。 約255万円くらいになり、毎月の返済額も変わらないのに、総支払額が高くなってしまうのです。これではおまとめローンの意味が無くなるのです。 そんな時には、18.0%のカードローンのみを一本化するか、融資限度額をアップして、金利を低くすることです。上記の場合、せめて12.0%以下にすることで、メリットが出てきます。

一本化する場合には、今のローンの金利がどれくらいなのかを確認し、シミュレーションしなければいけません。特に低金利のローンが含まれている場合にはチェックが必要でしょう。

金利が低いおまとめローン

静岡銀行セレカ

銀行ならではの低金利が魅力の静岡銀行セレカ。全国のセブンイレブンや提携ATMで返済が可能で毎月の返済がラクラクです。

実質年率 限度額 審査時間
4.0~14.5% 10~500万円 ※ 最短即日

※ 限度額: 審査結果によっては申込み時の限度額を減額される可能性があります。
・パートタイマー・アルバイト、派遣社員、主婦等の人は、一律50万円になります。(増額はできません)

-->

しずぎんフリーローン

しずぎんにはおまとめローン専用の商品があります。審査に通りやすいと評判なので、審査に不安のある方は一度「かんたん仮審査」でチェックしてみてください。

実質年率 限度額 審査時間
4.5~14.5% 10~500万円 即回答

三井住友カードゴールドローン

返済に応じて翌年度利率が0.3%、最大1.2%まで引き下げられます。誰もが知っている銀行なので安心です。上限金利は業界最安!

実質年率 限度額 審査時間
4.5~9.8% 500万円 最短即日

トップへ